スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「書くことは山ほど(苦笑」

でも、なんかそれらを書く気にはなれないのでうやむやに。

私が生きていたのは何時の話だろう。
冬になると哲学的な思考になる気がするが、
たいした文章力も持ってないのにそんなことをするから
読めたもんじゃないものしか出来上がらないのである。

さて、戻るのだけれど。
無駄なことを考えず、ただ目前だけに精一杯になれた時期がある。
本気でやった時がある。
しかし、私はそれが持続できないから、
今の自分が死んでいるのではないか、と感じるのではない。
生きているという実感は血が流れるから感じるのか。
骨が露出するから感じるのか。
ただ、今あたしが思考をもって、
こんな文章を書いていること自体に感じるのか。
周りは生きているのに自分は生きていないと感じるのはなぜなのか。
そもそも、世界が生きていない、ここはVRではないのかと。
よくできたポリゴンだな、と。
テクスチャも軌道計算もバカにならない、
だれかが素晴らしい計算能力と容量を備えたサーバを
作ったんだな、きっと。

ここがVRならよくわかる。
正直に言おう。私は物事は一定レベルならすぐにできる人間だ。
勉強に必死にならなくたってノートをとるだけで大体は理解できる。
本は要点かいつまんでさらっと読める。
英語も文脈読み取るくらいならできる。
新しく買った機械も、拾ってきた物もフィーリングでなんとかなる。
与えられた課題も、可もなく不可もなくのレベルにできる。
頼まれたことも最低限で応答する。
。。。
でも、それらは結局既製品でしかない。
オリジナルがないんだ。オリジナルが。
別にそれが悪いとは思ってなかったが、
絵を描いてて思うのはその既製品さが顕著に現れてしまうことだ。

あたしは発展してるのだろうか、前にすすんでいるのであろうか。
実は時というものはさっさといってしまうせっかちな性分で、
私は既に三年以上ほったらかしにされているのではなかろうか。
もしくは時という物はずっと停滞していて、明暗だけを繰り返し、
私は少しずつズレてマイナスにすすんでいるのではないだろうか。

そうこうしているうちに11:11である。
世の中には十一月十一日はポッキーの日だからと、
1111本のポッキーを食べた人もいるそうである。
確かにネタかもしれない。
でも、確かにその行いは彼の自己満足であっても
自分が生きている証拠である。

私は父親がねたましい。
何故って、彼は創作のできる人間だからである。
なら、私はできないだろうか。
もう、剣は抜くことができないだろうか。

あぁ、剣は抜かずとも手刀があるじゃないか。。

土日は晴れるかな。。。

今の曲
「Clementine/Marcos Valle - 16 Águas de Março」
スポンサーサイト

COMMENT

 
絵に関していえば、最初は皆ものまねから入るんだと思うよ。模写が基本っていうくらいだからね^^;そこから自分のタッチを生み出せるかは本人の努力と持続力なんだろうなぁ~って最近思うんよ。だから、とりあえず、何でも描くことにしてるお(^ω^)
うすっ!わからなくてもひたすら描いてみるのもよかとですねっ。。
頑張ってみますw

COMMENT FORM

 
管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

Powered by FC2 Blog Template Designed by しらか

FC2Ad


Copyright © 350ml+150ml All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。